GoogleMap連携&自動作図【機能紹介】

CHC-GNSSの最大の特徴である、コントロールソフトの使いやすさ。
GoogleMap連携や、レイヤー管理できる自動作図機能など、さらにGNSS測量を便利にする機能をご紹介します。

GoogleMap連携:マップ機能

CADデータ(.dxf)を読込むと便利なCHC-GNSSですが、CADデータが無い場合やCADデータだけでは分かりづらい場合に便利なのが、GoogleMap航空写真・連携機能です。
ボタン一つで表示を切り替えることができ、GoogleMapとCADデータを重ねて表示することもできます。

ステップ 1

マップ機能で計測中に、画面左下のGoogleMap連携機能ボタンをタップするだけで、背景にGoogleMapの航空写真を表示することができます。

CADデータを読込んでいれば、図面とGoogleMap航空写真を重ねたまま計測を行えます。

自動作図:コードリストとは?

コードリストとは、CHC-GNSSで計測したデータを管理するレイヤー機能です。コード(レイヤー)ごとに線種や線幅、色などを設定できます。

CSS技術開発では、現場を測量するときに便利なコード設定をテンプレートとしてコントローラーに保存した状態でレンタル・販売を行っています。

プロジェクト作成時にテンプレートを読込んで作業を始めます。
テンプレートを読込んでいない場合は、システムタブのコードリスト機能からテンプレートの読込みや、オリジナルのコード設定が可能です。

設定したコードに記憶された計測データは、そのままDXF形式のデータとしてエクスポートすることができます。

自動作図:コードリスト機能

計測した点を作図する・結線でむすぶ機能だけなら今までにもありましたが、CHC-GNSSではさらに「コードリスト」というより自動作図を便利にするレイヤー機能を備えています。
登録したコードを切り替えることで、ポイント・線分(ライン)・ハッチングの3種類の作図を好きなタイミングで切り替えられます。

測量しながら自動作図(使い方紹介動画)

測量しながら線分・ハッチングを自動作図する(動画内容の簡易解説)

ステップ 1

メニュー画面の測量タブから、マップ機能をタップします。

ステップ 2 | ライン作図

画面左上に表示されたコード名を確認します。ここで選択しているコード(レイヤー)に、自動作図したデータが記憶されます。
連続して計測することで、自動的に結線が作図されてひと固まりのラインとして記憶されます。

次の点に結線をつながず別のラインを作図する場合は、画面右上の をタップして、ライン作図機能をいったん完了させます。
そのまま次の点を計測すると、自動的に新しいラインの作図が開始されます。

ステップ 3 | ハッチング作図

ラインからハッチングの作図に切り替えます。画面左上のコード名横の をタップして、コード選択画面を表示します。

ポリゴンタブから作図するハッチングコードを選択し、画面左下の戻るをタップして計測画面に戻ります。

計測を開始すると、連続して計測した範囲にハッチングが作図されます。

ステップ 4 | ポイント作図

ハッチング作図の時と同様、画面左上のコード名横の をタップします。
開いたコード選択画面のポイントタブから作図するコードを指定して、作図を開始します。

計測したデータは、特別な設定をしなくても計測点が選択したコードに記憶されますが、ポイントコードを指定することで点の見た目や色を変えて作図することができます。

コードの登録・設定

線色・線種・線の太さ・ハッチングのパターン・点の形状は、コードセットとして自由にカスタマイズ・登録することができます。

よく使う線の色やハッチングを登録しておくことで、CHC-GNSSをより使いやすくカスタマイズできます。

DXFデータのエクスポート

計測データは、計測中に設定したコード名でレイヤー分けされた状態のDXFデータとしてエクスポートできます。

最終回のCHC-GNSS NEWS No.4 では、図面を座標系に合わせなくても「図面に合わせて」測量できる、ローカライズ&ベースシフト機能をご紹介します。